成人式の振袖に似合うバッグの選び方は?

成人式に振袖を着るためには、着物の他に色々な小物類が必要になってきます。
バッグは、振袖の華やかさを演出するための大事な小物。
今回は、振袖に似合うバッグの選び方をご紹介したいと思います。

 

バッグを選ぶ際には、振袖とのコーディネートやバランスを考えて選ぶことになります。また、振袖は格の高い第一礼装になるので、バッグと草履が同じ生地や素材で対になっているフォーマルなものを選ぶと良いでしょう。
また、振袖は袖が長いため、横長のバッグを選ぶとバランスよく、スッキリとした印象になります。
持ち手は、あまり長くないもの、またはクラッチタイプのものだと振袖を着ているときに邪魔になりません。

 

帯地や佐賀錦などでつくられたバッグは、特に古典柄の振袖によく合います。
振袖の帯に合わせて帯が金糸の場合はバッグも金糸のものを、銀糸の場合は銀糸のバッグを選びます。
布製のバッグの中にも、モダン柄に合うような黒地でラメを散りばめた現代的なものもありますので、モダン柄の振袖の人にも使っていただけます。

 

以前は、正装用のバッグの素材は布製という考えが多かったですが、最近では、華やかなエナメルのバッグを使われることも多いです。
エナメルは光沢があり、ゴージャスかつフォーマルですので、振袖にもよく合います。
雨に強いのも、他の素材にはない長所です。
エナメルのバッグは、色味も様々です。
淡い配色で、ゴールドやピンクのお花が散りばめてあるようなエナメルであれば、濃い色の振袖にも淡い色の振袖にもよく合います。
紫や落ち着いた赤、黒のエナメルのバッグなどは、意外と優しい色の振袖の差し色としてパッと華やかさを添えます。
エナメルのバッグは色合いや柄で古典柄の振袖にも、モダンな振袖にも両方似合います。振袖の雰囲気を壊さないコーディネートで選ぶことをおすすめします。

 

また、ビーズのバッグも人気があります。ビーズのバッグはレトロ柄の振袖によく合います。
また、帯地やエナメルのバッグは和装にしか使えませんが、ビーズのバッグだと洋装のパーティなどで使うこともできます。
もちろん、コーディネート次第で古典柄、モダン柄にも使うことができます。

 

振袖とのバランスを考え、古典柄には古典に合うバッグを、モダン柄には現代的な柄のバッグを合わせ、ちぐはぐにならないようにしましょう。
あくまでも主役は振袖や帯になりますので、バッグを選ぶときには、全体のコーディネートを考え、主張しすぎないバッグを選ぶことが大事です。