成人式の振袖、選び方のポイントは?

人生で一度だけの成人式。
女の子は色とりどりの振袖で着飾って、見ているだけでも楽しいですよね。
今回は、成人式の振袖を選ぶときのポイント、どんな人にはどんな振袖が似合うのかを紹介します。

 

振袖を選ぶときのポイントとして、いちばん大切なことは当たり前なようですが、「自分の好きな振袖」、「自分に似合う振袖」に出会うことです。
まずは、自分が好きな振袖をおいてあるお店に行ってみます。
古典柄が好きなのか、モダン柄が好きなのか、または着物のブランドで選びたいのか、によって行くお店も異なります。
自分が好きな振袖をおいてあるお店を探すために、1〜3店舗ほど比べてみるのも良いでしょう。

 

そして、実際に試着してみることが大事です。
似合う振袖に出会うためには、自分に似合う色や柄を見極めることが大切になります。
実際に振り袖を着ると、顔映りや柄の出方をチェックします。
同じ振袖でも、肌の色や雰囲気、体型などで顔映りや柄の出方が違います。
試着してみて、まず自分の顔がパッと明るく見えるか、くすんで見えたりしないかを見ます。次に、柄の大きさや高さ、流れ方、雰囲気は自分に似合っているかを確認します。

 

体型に合わせて、背の高い人だとはっきりとした色目を選び、柄も大きいものを選ぶと良いでしょう。
くっきりはっきりとした印象が元気で、かつスタイルをよく見せる効果もあります。
背の低い人は、淡い色で小柄な振袖が似合います。
明るい色を着ると、キュートで可愛い雰囲気になります。
痩せている人は、黒やはっきりした色合いよりも、暖色系の方がおすすめです。
ふんわりと優しいかんじになります。
ボリュームを足したい人はファーのショールを使うと良いでしょう。
ふっくらとした体型の方は、濃い色を選ぶとスッキリと見えます。
柄はシンプルなものを選び、上半身に柄が少ないものを選ぶとバランスがいいです。

 

また、振袖を選ぶときは、小物選びも重要になってきます。
振袖は全体のバランスがとても大切なので、その振袖に合った帯や帯留め、帯揚げ、髪飾りを選ぶことでより美しく際立ちます。

 

振袖を選ぶときには、自分が感じた第一印象も大事ですが、家族やお店の人の客観的な意見も聞いてみるのも参考になります。
お店の人は経験豊富で、素敵なコーディネートを提案してくれ、着物に詳しくない場合でも、色々と親切に教えてくれます。

 

人生に一度きりしかない成人式、良いお店を見つけて、素敵な振袖に出会えるといいですね。