成人式の振袖の着付けについて調べてみました。

成人式で振袖を着るためには、着付けを頼む必要があります。
中には、自分で着ようと思う人もいるかも知れませんが、ほとんどの人は着付けをしてもらわないと振袖を着ることはできないと思います。

 

振袖を自力で着る場合のメリットとしては、自分の好きな時間に好きな場所で着ることができるということです。
しかし、振袖を着ることができても、振袖の華やかな帯結びを自分ですることはとても難しいです。
振袖は袖がとても長くて、着物自体が重く、普段、着物を自力で着る人も振袖の着付けはなかなかできません。
その点、プロの着付けをする人に頼むと、慣れた作業で素早くきれいに着付けてくれ、流行の帯結びや小物の飾り方もしてもらえます。
振袖を着付けることに関しては、自力で着るメリットよりデメリットのほうが多くなります。
一生に一度の晴れ舞台ですので、振袖の着付けに慣れた美容室等に頼む方が、綺麗な仕上がりになるでしょう。

 

振袖をレンタルした場合は、レンタル料金に着付けやヘアメイク代金が含まれていることも多いですが、個別に着付けをしてもらうとしたら、相場はいくらくらいになるかご紹介します。

 

振袖の着付けの値段は、地域や美容室によって変わりますが、5,000円〜20,000円程度になります。
美容室によっては、着付け料以外にも、着物の持ち込み料や、成人式当日の早朝料金などがかかることもあるので確認が必要です。
また美容室では、着付けとヘアメイクがセットになっていることがほとんどです。
ヘアメイクと着付けのセットプランで、10,000円〜28,000円が相場になっています。
ヘアメイクだけ頼んでも5,000円から10,000円はかかるので、セットで頼んだほうがお得になります。
中には、これにプラスしてネイルや、フェイシャルエステを追加する人もいるようです。美容室によって様々なプランやサービスがありますので、交通の便の良い店で何軒か内容を確認しておくといいと思います。

 

ヘアメイクも着付けと同じで、振袖に合うものにしてくれ、普段自分でするのとは全く違った雰囲気になりますので、着付けとセットで店に頼む人が多いです。
また、同じ店で着付けとヘアメイクを頼むと移動の時間も必要なく、着崩れや髪のセット崩れを防ぐことができます。

 

成人式に振り袖を着るためには、着物や小物を用意する以外にも、このような着付けやヘアメイク、写真代など、色々なところにお金がかかります。
予算内に収まり、希望に叶うプランで素敵な振袖を着ることができるといいですね。