成人式の振袖に合わせる帯の選び方は?

成人式で振袖を着るために、帯はなくてはならないものです。
帯や小物のコーディネートで、振袖はより一層美しく引き立てられます。
今回は、成人式の振袖に合わせる帯の選び方についてご紹介させていただきます。

 

成人式の振袖は華やかなものが多いため、帯はシンプルで柄の少ないものを、と思われる人も多いです。
しかし実際に合わせてみると、華やかな振袖に柄のない帯は寂しく、アンバランスで、帯が振袖に「負けている」状態になります。
洋服の感覚だと、柄と柄を合わせるのはおかしいのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、着物の場合は、振袖に負けないくらい豪華な帯を選ぶといいでしょう。

 

おすすめの帯の色は、金、銀、黒を基調にしたものです。
これらは、大体どの振袖の中にも使われており、振袖以外のものに合わせるときもコーディネートしやすい色です。

 

特に暖色系の振袖には、金系の帯を、寒色系の振袖には銀系の帯がよく合います。
昔は、成人式の振袖に朱の帯を使うことが多く、どんな色の振袖にも合わせて使われていました。
朱の帯も、若々しい新成人によく似合う色ですので、迷ったときには選択肢の一つとして考えるのも良いでしょう。
その他に帯を選ぶ基準として、自分の着る振袖に使われている色が帯に入っているもので合わせると間違いないでしょう。

 

また、古典柄の振袖には古典柄の帯を、モダン柄の振袖には、現代的な帯を合わせるようにします。
古典柄の帯では、花づくしや雪輪、亀甲、七宝などの通し柄だと、どんな帯結びにも合います。
また、振袖以外の訪問着や留袖に使うこともできるため、とても役に立ちます。
モダン柄には大胆な柄の帯を合わせたり、振袖の地色とは反対色を持ってきてメリハリをつけることもおすすめです。
レトロな柄の振袖には、水玉やストライプ、市松柄やアンティーク風の帯を合わせると、可愛らしく個性的な着こなしになります。

 

また、帯は体型によっても選ぶ基準が変わってきます。
背の低い人であれば、同系色でまとめるとシュッとした印象を与えますし、背の高い人は、振袖と帯で違う色を合わせるのもメリハリがあって綺麗です。

 

同じ振袖でも、帯を変えるとガラッと雰囲気が変わります。
また、帯の選び方によっては振袖の美しさを一層高めたり、またはその反対になることもあります。

 

着用する振袖が決まったら、実際に試着をして帯を何本か合わせて顔映りを見てみると良いでしょう。
振袖をより華やかにする、素敵な帯に出会えると良いですね。