パーソナルカラーを意識した振袖の選び方

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌、髪、瞳、唇、輪郭などと雰囲気が調和した色のことです。
その人に似合う色で、かつその人の魅力を最大限に引き出してくれる色です。
人にもそれぞれ個性があるように、似合う色もそれぞれちがってきます。
最近では、振袖を選ぶ際に、このパーソナルカラーを意識して振袖を選ぶ人も増えています。
パーソナルカラーの振袖を着ることで、自分の肌がより明るく見え、顔映りもよく、振袖も一層美しくみえるからです。

 

パーソナルカラーは、スプリング・サマー・オータム・ウインターの4タイプに分類されます。
パーソナルカラー診断は、今はインターネットで簡単にセルフチェックをすることができます。
もし、機会があれば、プロのパーソナルカラーリストに見てもらうと、色々な意見を聞くことができ参考になるでしょう。

 

スプリングタイプの人には、鮮やかな色の振袖が似合います。
黄色やオレンジ、ピンクの生地を選び、同系色や補色になる色彩の柄をとりいれて、帯を茶系や黒にすると全体が引き締まって見えます。
振袖の柄は、大胆なものより、大きすぎない小柄で可憐な柄が似合います。

 

サマータイプの人には、グレーなどの寒色が似合います。パステル系の色味で、すこしつめたい感じのする、青や、シルバー、緑などの振袖を選ぶと良いでしょう。
振袖の柄は、小花模様のような可憐で優しい柄をおすすめします。

 

オータムタイプの人には深みのある暖色系の振袖が良いでしょう。
ワインレッドやブラウン、深緑などの落ち着いた色の振袖を選び、小物で差し色を入れるとオシャレになります。
伝統的な日本の色合いも秋タイプの人にはよく合います。
オータムタイプの人は、大胆な柄の振袖も粋に着こなすことができるでしょう。

 

ウインタータイプの人はモノトーンや、ビビッドカラーの振袖が似合います。
濃い目の赤や青など、モノトーンの黒、白の振袖を持ってくると高級感の似合うウインタータイプにはぴったりです。
ウインタータイプの人は、大胆でインパクトのある柄の振袖も、着こなしてしまいます。

 

成人式の振袖選びを控えた人で、なかなか素敵な色や柄に出会わない、どんな振袖が自分に合うのかわからない人は、パーソナルカラーをもとに振袖を選んでみてはいかがでしょうか。
今までの自分の好みとは違った、新しい自分を発見できるかもしれません。
人生の晴れ舞台に、自分をさらに輝かせることのできる素敵な一着に出会いますように。