成人式に着る振袖の種類は?

成人式に着る振袖ですが、振袖の種類には3種類あります。
それぞれの特徴と、どんなシーンに合っているのかを紹介します。

 

振袖には、「大振袖」「中振袖」「小振袖」という3種類あります。
それぞれ、袖の長さや着物の造りが違い、格も変わるため、着用する場面も異なってきます。
この3種類以外にも、結婚式で花嫁が着る、「引き振袖」もあります。

 

成人式でよく着用される振袖は、中振袖です。
中振袖は、袖丈が100cm前後あり、未婚女性の正礼装になります。そのため、成人式以外でも、友人の結婚式や格式あるパーティなどにも着用可能です。

 

大振袖は、袖丈が114cm前後あり、一番袖丈が長く、結婚式でも花嫁のお色直し用として着用されている振袖です。
格が一番高い第一礼装となり、華やかな雰囲気が特徴です。
柄も結婚に適した吉祥柄が多く、鶴や、松竹梅といったモチーフが多くなります。
また、両前身頃、両袖、後ろに5つ紋がついている場合が多いですが、最近ではついていないこともあります。
大振袖は基本的には花嫁衣装でしたが、最近では少数ですが成人式に着る人もいるようです。

 

引き振袖は、袖の長さは大振袖と同じで、裾に入れてある綿が少ないものになります。
裾を引いて、着付けることが特徴です。
黒の引き振袖は、江戸後期から昭和にかけて、正式な婚礼衣装と言われていました。

 

小振袖は、袖丈が85cm前後で、振袖の中では一番袖丈が短いので、大振袖や中振袖に比べると、着用も楽で動きやすいです。
小振袖も成人式で着用されることがあり、また卒業式に袴と合わせて着用することもできます。
ちょっとしたお出かけ着や、パーティにも使えます。

 

昔は、成人式に着た着物の袖を短くして、訪問着などに仕立て直して、結婚後に着ることも一般的でした。
しかし、最近では、祖母や母が成人式で着た振袖で参加する新成人も多く、世代を超えて、同じ振袖を大切に着ることも増えてきています。

 

振袖は、袖が長く、袖を振るという仕草から、厄払いや清めの儀式に通じるとも言われています。
成人式や結婚式に振袖を着ることは、人生の新しい門出に際して身を清めるという意味も持っています。
振袖のように袖の長い着物は、未婚の女性だけが着ることのできる着物です。
最近では結婚後でも着用するシーンも稀にあるようですが、普通は結婚後に着る機会がありません。
若いうちにだけ着ることのできる特権で、ぜひ新成人の門出も素敵な振袖を着て美しい思い出を残して下さい。